安心安全の取り組み

make

原材料の管理

1 購買品、購買先の管理

安心してお召し上がりいただくために、信頼できる原料取引先を選定し、安全な原料購入を徹底して実施しています。
原料は毎回基準に従って受け入れ検査を行い、検査に合格したものだけを使用しております。
また原料取引先を訪問し、現地の管理状況を確認し、当社の品質管理基準の中で安全なものが常に出せる状況であるのかを把握しています。

2 指定農場との取り組み

契約栽培の国産キャベツ

たこ焼の主要な原材料であるキャベツは、契約した工場近隣の農家さんを中心に、毎日新鮮なキャベツを工場に届けてもらっています。工場では、毎回厳しい受け入れ検査を行い、合格したものだけを使用しております。 また月に1回契約農家さん達と集会を行い、現在の生産状況・使用農薬状況・出荷スケジュールなどの打ち合わせを行っております。

国産たまご

たこ焼の主要な原材料であるたまごは、新鮮な九州または山口県産のたまごを使用しています。
卵の専門工場で毎朝割卵され、毎日必要な分だけ八ちゃん堂の工場に届けてもらっています。

3 農薬の管理

全ての商品において、ポジティブリスト制(2003年食品衛生法改正に伴い公布され、全ての農薬、動物用医薬品、飼料添加物について食品中の残留基準値を定めた制度)のもとに管理を行っています。
また使用農薬管理の一環として、外部の第三者機関にて残留農薬検査を行っています。残留農薬検査報告書をもとに、食品衛生法における残留農薬基準値と照らし合わせて確認しています。

4 トレーサビリティー管理

全ての商品に打たれた賞味期限と記号により、商品からさかのぼって製造日・各工程を通過した時間などの生産状況・使用した原料などが分かるように記録管理を行っております。